[ACT5-3-1] THE HARBINGER(先駆者)

[THE SURVIVORS' ENCLAVE](生存者たちの避難場所)


ACT5-3-001
>>> Tyraelたちに近づくとSoulstone Sliverの色が変化する
Soulstone-Sliver(変化)-5-3-01

Soulstone-Sliver(変化)-5-3-02

Soulstone-Sliver(変化)-5-3-03

Soulstone-Sliver(変化)-5-3-04

Soulstone-Sliver(変化)-5-3-05


Tyrael(顔)

<Tyrael>

Look, the sliver is changing.
見てくれ、欠片が変わっていくぞ。


Monk(顔)

<Monk>

Malthael is altering the Black Soulstone.
マルサエルがブラックソウルストーンを変化させている。


Tyrael(顔)

<Tyrael>

Exactly, He's been gathering strength from the soul of Westmarch in order to alter the stone. Yet, his purpose still eludes me.
その通り、マルサエルはソウルストーンを変化させるために、
ウェストマーチの人々の魂からその力を集めていた。
だが、未だに奴の目的は私には計り知れない。


Myriam(顔)

<Myriam>

He's killing everyone. What more do you need know?
マルサエルは無差別に人々を虐殺している。 それ以上に何を知る必要があるの?


Monk(顔)

<Monk>

If we are to stop him, we need to know what he plans to do next.
奴の行いを止めさせるためには、
次に奴が何を企んでいるのかを知る必要がある。


ACT5-3-01-1

ACT5-3-01-2

ACT5-3-01-3

ACT5-3-01-4

ACT5-3-01-5
>>>街に爆発が起こり火の手が上がる
Tyrael(顔)

<Tyrael>

Urzael has done this to finish collecting the souls of Westmarch!
アーザエルがウェストマーチの人々の魂を
一気に集め終わるために攻撃してきたぞ!


Monk(顔)

<Monk>

He will die. Where is he?
奴を倒してやる。奴はどこにいる?


Myriam(顔)

<Myriam>

All I know is that he is in a tower somewhere in the Westmarch heights. And that he will be quite rude to you.
私がわかることは、彼はウェストマーチの高台にある
どこかの塔にいるということだけだわ。
彼はあなたに対して随分と荒っぽいやり方できたわね。


ACT5-3-01-5-1

<Myriam>

Before you set out to kill him, you should stop by my cart. I can enchant some items for you.
彼を倒しに行く前に、私の馬車に寄っていくといいわ。
私はあなたの持っているいくつかのアイテムに
魔法をかけて力を与えることができるわ。
>>>会話の途中から町が炎で赤く染まっていく
ACT5-3-01-6

ACT5-3-01-7
>>>WESTMARCH HEIGHTS(ウェストマーチの高台)へ進む

[人々との会話]

+- Tyrael
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[町に火の手が上がってから発言]

〜Urzael(アーザエル)〜


Tyrael(引き)-5-3

Monk(顔)

<Monk>

Do you know Urzael?
アーザエルを知っているのか?


Tyrael(顔)

<Tyrael>

He is Malthael's Lieutenant, much the same way that Izual was mine. He does his master's bidding without question.
彼はマルサエルの副官で、ちょうど私にとっての
イズアルとほとんど同じ役割を果たしている。
彼は迷わずに主人の命令を遂行するだろう。


[町に火の手が上がってから発言]

〜Malthael's Mercy(マルサエルの慈悲)〜


Tyrael(引き)-5-3

Monk(顔)

<Monk>

Did Malthael spare you because you were once an angel?
あなたが以前天使だったから、
マルサエルはあなたを生かしておいたのか?


Tyrael(顔)

<Tyrael>

I may be mortal, but I am not nephalem. I have no demon blood in me, and therefore, Malthael does not see me as his enemy.
私は死を迎える存在かもしれないが、ネファレムではない。
私の身体の中には悪魔の血は流れていない。
だからマルサエルは私のことを敵として見ていないのだ。


Monk(顔)

<Monk>

And I am? Not so long ago, we would have fought together against Diablo himself.
では私はどうなんだ?
我々は少し前、ディアブロという存在に対して
共に戦っていたではないか。


Tyrael(顔)

<Tyrael>

That is of no consequence. You are half demon to him and, therefore, on the wrong side of the Eternal Conflict.
それは全く関係のないことだ。
奴にとって君は半分悪魔の血を持つものであり、
それゆえ、天界と地獄の戦争では、
悪魔の側にあるということなのだ。


Monk(顔)

<Monk>

He will learn that there are more than two sides.
マルサエルは二つ以上の側面があることを知るだろう。


[町に火の手が上がってから発言]

〜Tyrael's Pain(ティラエルの苦悩)〜


Tyrael(引き)-5-3

Monk(顔)

<Monk>

How do you feel?
気分はどうだ?


Tyrael(顔)

<Tyrael>

I have felt pain before, but nothing like this. It is different being mortal. The pain wears on you.
私は以前に苦悩を感じたことがある。でも今はそうではない。
それは死を免れることができない存在であることとは別だ。
苦悩は君たちを惑わせ苛立たせる。


Monk(顔)

<Monk>

Pain exists in the mind. Meditation and control can lesson it.
苦悩は心の中に存在している。
瞑想と自制がそれを抑え込んでくれるのだ。


[町に火の手が上がってから発言]

〜The Black Soulstone(ブラックソウルストーン)〜


Tyrael(引き)-5-3

Monk(顔)

<Monk>

Why did Malthael take the Black Soulstone?
なぜマルサエルはブラックソウルストーンを奪ったのだ?


Tyrael(顔)

<Tyrael>

I have been thinking on that since our... encounter. But every scenario I envision simply doesn't make sense.
私は奴に遭遇してからずっとそのことを考えてきた。
しかし、例え私がどのような筋書きを想像したとしても、
それは全く意味のないことだ。

Regardless of what he has become.
今の奴の状況とは何の関わりもない。


Monk(顔)

<Monk>

He would not have taken it without cause.
奴は理由なしにソウルストーンを奪わなかっただろう。


+- General Torion
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[クエスト:THE TRUE SON OF THE WOLFを完了後に発言]

〜The Death of King Justinian(ユスティニアヌス王の死)〜


General-Torion(引き)-5-3

Monk(顔)

<Monk>

I bear grim tiding, General. The king is dead.
将軍、非情な知らせを伝えなければならない。
この国の王は死んでいる。


General-Torion(顔)

<General Torion>

I'd heard rumors. But I hoped...
噂には聞いていた。しかし私は希望をもっていたのだ...

I didn't really care for the king at first, but he turned into a good ruler.
実は私は最初、あまり王のことが好きではなかった。
しかしその後、王は良い統治者へと変わっていったのだ。

Hadn't been himself lately, though. The last of his trusted advisors died recently. Hit him hard, it did.
しかしここのところ、王は自分自身を見失っておられた。
最近、王の信頼する顧問の最後の一人が亡くなったのだ。
その衝撃は王を打ちのめし、王は酷く落ち込まれていたのだ。

He would have recovered, eventually. Now, he'll never get the chance.
いずれまた元の立派な王へとご復活されていただろうに。
今ではその機会も失われてしまったというのか。

※この会話を一度発生させた後はACT5-2の最初から発言




+- Lorath Nahr
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜Cain(ケイン)〜


Lorath-Nahr(引き)-5-3-01

Lorath-Nahr(顔)

<Lorath Nahr>

Can I ask you about Deckard Cain?
デッカード・ケインについて聞いても良いでしょうか?


Monk(顔)

<Monk>

He was agreat man. And a good friend.
彼はとても素晴らしい男であり良き友であった。

But now he is dead, and we will never know what might have come to pass.
しかしすでに彼は生きてはいない。
そしてこの先、一体何が起こるのかを知る手立てはない。


Lorath-Nahr(顔)

<Lorath Nahr>

Could one man make such a difference?
一人の人間の存在がそんなに大きな差を生むものなのですか?


Monk(顔)

<Monk>

Any person can change the course of history.
どんな人であっても歴史の方向を変えることができるのだよ。


[町に火の手が上がってから発言]

〜Destroying the Soulstone(ソウルストーンを破壊すること)〜


Lorath-Nahr(引き)-5-3-02

Monk(顔)

<Monk>

Tyrael should have destroyed the Black Soulstone when he had the opportunity.
機会があった時に、ティラエルは
ブラックソウルストーンを破壊するべきだった。


Lorath-Nahr(顔)

<Lorath Nahr>

The Black Soulstone was made by a man, unlike previous soulstones. We had no idea what would happen if we destroyed it.
以前のソウルストーンとは違い、
ブラックソウルストーンは人の手で作られました。
もし壊してしまったら、一体何が起きるのか、
我々には全く想定できなかったのです。

It seemed a better idea to hide it away forever.
永遠にそれを隠しきることが、
最も良い方法だと思えたのです。

We had no way of knowing that Malthael was watching us the entire time. How could we?
我々はMalthaelが我々を監視していたことに
最後まで気づくことができませんでした。
我々は一体どうすれば良かったのでしょうか?


Monk(顔)

<Monk>

What matters now is what we will do when we get it back.
今大切なことは、我々がソウルストーンを取り戻す時、
一体何をすれば良いのかということだ。


Lorath-Nahr(顔)

<Lorath Nahr>

I don't know. But it's better for us to have the stone than Malthael. If we make it that far, we'll worry about what to do next.
それは私にはわかりません。
しかし、ブラックソウルストーンは、
マルサエルが持っているより我々が持っている方が安心です。
もしブラックソウルストーンを遠くにやってしまったとしても、
今度は何をすれば良いのかということで悩むことになるでしょう。


+- Soulstone Sliver
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Soulstone-Sliver(引き)-5-3-01

<Soulstone Sliver>

Death comes to all...
死は全てのものに等しく訪れる。


[町に火の手が上がってから発言]

[パターン-1]

Soulstone-Sliver(引き)-5-3-02

<Soulstone Sliver>

All evil will be destroyed...
全ての悪は滅ぼされなければならない...


[パターン-2]

Soulstone-Sliver(引き)-5-3-03

<Soulstone Sliver>

<screaming>
金切り声をあげている。


[パターン-3]

Soulstone-Sliver(引き)-5-3-04

<Soulstone Sliver>

<The lighting in the hub changes, sound of wind howling>
中心の光に変化が起こり、風の音がこだましている。


[パターン-4]

Soulstone-Sliver(引き)-5-3-05

<Soulstone Sliver>

...the soulstone... must change...
ソウルストーンを...変えなければ...
>>> ACT5-2と同じ内容も話す


+- Haedrig Eamon
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜Troubles Arise(トラブル発生)〜


Haedrig-Eamon-amd-Brycen(引き).jpg

Haedrig-Eamon(顔).jpg

<Haedrig>

I can't believe it! My best hammer's gone missing.
信じられん!
俺の一番大切なハンマーがどこかへいってしまった。

I couldn't have walked off on its own now, could it, lad?
おい小僧、ハンマーを勝手に持ちだしていないだろうな?


Brycen(顔).jpg

<Brycen>

One of the men needed a hammer. He promised to return it.
兵士の一人がハンマーを必要としていたのです。
彼はハンマーを返すと約束しました。


Haedrig-Eamon(顔).jpg

<Haedrig>

Fool boy! I'll never see it again.
馬鹿野郎!ハンマーは二度と帰ってこねえよ。


Brycen(顔).jpg

<Brycen>

I'm sorry. Haedrig.
ヘイドリグさん。ごめんなさい。


Haedrig-Eamon(顔).jpg

<Haedrig>

Get out of my sight.
俺の目の前からうせろ。


+- Covetous Shen
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜Zei's Plan(ゼイの計画)〜


Covetous-Shen(引き).jpg

Covetous-Shen(顔).jpg

<Covetous Shen>

Zei was the greatest thief, and he wanted Liria. He waited patiently for a night when Liria's path hid her behind the silver moon.
ゼイはとても優秀な泥棒だった。
そして彼はリリアを欲しいと思ったのじゃ。
彼はリリアの軌道が銀色の月の陰に
彼女を隠す夜を根気よく待っていたのじゃ。

For when the sun set, Digest had to leave Liria's side, you see, for desire rules the night.
太陽が沈んでいる間、
ダージェストはリリアの側を去らねばならなかった。
何故なら欲望は夜を支配するものだからじゃ。

He could only watch from below as she drifted across the ocean of stars.
彼女は星の海を漂流していたので、
彼はただ下から眺めていることしかできなかった。

Then Zei climbed, silent as a whisper, into Liria's palace in the heavens.
そしてゼイは、ささやくように静かに、
天にあるリリアの宮殿へと登ったのじゃ。


Monk(顔)

<Monk>

Was it love that drove him?
彼を突き動かしたのは愛だったのだな?


Covetous-Shen(顔).jpg

<Covetous Shen>

No, but stealing from Dirgest would make Zei a legend.
そうではない。だが、ダージェストから
彼女を盗むという行動は、彼を伝説にするだろう。


+- Myriam
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[町に火の手が上がってから発言]

〜Urzael's Whereabouts(アーザエルの所在)〜


Myriam(引き)-5-3

Monk(顔)

<Monk>

Tell me about Urzael.
アーザエルについて教えてくれ。


Myriam(顔)

<Myriam>

Well, he seems to have an affinity for fire. I'd watch out for that if I were you.
そうね。彼は炎に関連する何かを持っているように思えるわ。
私があなたなら、炎に気をつけようと思うわね。


Monk(顔)

<Monk>

Is that all?
情報はこれで全てなのか?


Myriam(顔)

<Myriam>

Urzael was sent to find Malthael by our friend Tyrael. He blames himself for what Urzael has become.
アーザエルはマルサエルを探すために、
私たちの同士ティラエルによって派遣された。
ティラエルはアーザエルが
このようになってしまったことに対して責任を感じているわ。


[町に火の手が上がってから発言]

〜More About Myriam(ミリアムに関してのさらなる情報)〜


Myriam(引き)-5-3

Myriam(顔)

<Myriam>

What else can I tell you? I had a vision of death blanketing our world, so I left my people, my family, to come help you.
他に何を話せば良いかしら?
私は世界が死に包まれることを予見したの。
だからあなたを助けるために、
同胞や家族を置いて駆けつけたのよ。


Monk(顔)

<Monk>

It cannot have been as easy as you make it sound.
きっと言葉にするほど簡単なことではなかっただろう。


Myriam(顔)

<Myriam>

Nonsense, we Vecin often receive visions telling us when it is time to find a new family.
大したことではないわ。
私たちベシン族は新しい家族や仲間が私たちを必要としていて、
その人たちのために力を尽くすようにという予見を
受け取ることが良くあるの。

I've had many in my life. I still love and miss each and every one of them. Except for Jonah, I never really liked that one.
私は日々の生活の中でたくさんのものを持っていたわ。
今でもまだそれら全てを愛したり、失ったりしているの。
ジョナを除いてね。私はそれだは本当に好きなれないわ。


[町に火の手が上がってから発言]

〜All About Myriam(ミリアムに関する全て)〜


Myriam(引き)-5-3

Myriam(顔)

<Myriam>

Celsa, how sweet of you ask.
あなたの質問はなんて愉快なのでしょう。

My people, the Vecin, are nomads, always traveling, looking for the land we might settle. All of us have the sight, but few have it as strong as myself.
私たちベシン族は落ちつける場所を探して、
常に移動を続けている遊牧民なの。
私たち全員が予見する力を持っているけれど、
私のようにその力が強いものはほとんど存在しないわ。

You know, men have always pursued me for my vision. Well, for things other than my visions, but everyone wants to know what the future holds.
知っての通り、いつもたくさんの人々が私の予見を求めてきた。
私の予見の結果とは異なるもののために。
でも、人は誰でも未来を知りたいと願うものなのよ。


Monk(顔)

<Monk>

The future is known by gods.
未来は神々に委ねられている。


Myriam(顔)

<Myriam>

So serious! Just because you're fated to save world doesn't mean you shouldn't have a good time.
とんでもないわ!
世界を救うために運命づけられているという理由だけで
あなたが幸せな時を過ごしてはいけない
ということにはならないわ。


+- Brycen
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[ヘイドリグとのTroubles Arise(トラブル発生)の会話終了後に発言]

〜Thoughts(思い)〜


Brycen(引き).jpg

[パターン-1]

Brycen(顔).jpg

<Brycen>

I don't feel like talking right now.
今は話をする気分ではありません。


[パターン-2]

Brycen(顔).jpg

<Brycen>

You said something to Headrig, didn't you?
ヘイドリグさんに何かを言いましたよね?

※この会話を一度発生させた後はACT5-2の最初から発言




+- Elayne
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜Flagments(断片)〜


Elayne-Ferered-Nobel(引き).jpg

Elayne(顔).jpg

<Elayne>

He's been agitated ever since he mentioned the woman.
女性について話してから、彼はずっと動揺し続けているの。

Who was she? Did she start the fire?
彼女は誰なの?彼女が火事を起こしたの?


Ferered-Noble(顔).jpg

<Ferered Noble>

Looking for something... something hidden...
何かを探している...隠された何かを...


Elayne(顔).jpg

<Elayne>

I don't know what to do. He's getting worse. I fear he will not live much longer.
私は何をしてあげたら良いのかわからない。
彼はどんどんと具合が悪くなっていくわ。
私は彼があまり長く生きられないんじゃないかと気がかりなの。


+- Lord Harold Snowe
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜Harold the Weasel(卑怯者のハロルド)〜


Lord-Harold-Snowe-and-Lady-Serena(引き)

Ferered-Noble(顔).jpg

<Lord Harold Snowe>

You are a quiet sort, Serena. Sneak back home and fetch some of our savings.
セレーナ、君は物静かで目立たない人間だ。
家に潜入して、私たちの貯蓄金を少し取ってきてくれないか。


Lady-Serena(顔).jpg

<Lady Serena>

But... the streets are crawling with those horrid creature.
でも...通りはどこも恐ろしい生き物たちでいっぱいだわ。


Ferered-Noble(顔).jpg

<Lord Harold Snowe>

That's precisely why you must go, dearest. Nobody notice you.
最愛の人よ。だからこそ君が行かなければならないのだよ。
誰も君には気づかないさ。


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

〜The Compassion of the Nobleman(貴族の哀れみ)〜


Lord-Harold-Snowe-and-Lady-Serena(引き)

Ferered-Noble(顔).jpg

<Lord Harold Snowe>

A caravan to Kingsport won't be cheap. How much would your dress fetch?
キングスポート行きの隊商は、けち臭いものではないだろう。
君のドレスはいくらで売れるだろうか?


Lady-Serena(顔).jpg

<Lady Serena>

Harold! I've nothing else to wear!
ハロルド!他に着るものが何もなくなってしまうわ!


Ferered-Noble(顔).jpg

<Lord Harold Snowe>

Well, I'm sure there are some curtains lying about.
それなら、何枚かのカーテンが転がっているだろう。


+- Emily
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜The Angels(天使たち)〜


Emily(引き).jpg

Emily(顔)

<Emily>

Is this truly the work of angels? I don't understand... How could they?
これは本当に天使の仕業なの?
彼らはなぜこんなことができるの?私には理解できないわ。


Monk(顔)

<Monk>

One group of angels is behind this destruction. I will destroy them.
ある天使の一団がこの破壊に関わっている。
私はそれを阻止するつもりだ。


Emily(顔)

<Emily>

Good.
嬉しいわ。


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

〜Fear(恐れ)〜


Emily(引き).jpg

Emily(顔)

<Emily>

I don't know that I will ever feel safe again.
私は二度と安全を実感することができないかもしれないわ。

To know that angels, or demon, or who knows what else can kill thousands of us anytime they choose...
天使だか悪魔だか知らないけど、
そいつらが望めばいつでも、
私たち人間を何千人も殺すことができるのよ。


+- Derric
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

〜Hero(英雄)〜


Sophia-and-Derric(引き)-5-3

Derric(顔)

<Derric>

You really must stop thanking me. It was nothing.
本当に感謝するのをやめてくれ。
礼には及ばないよ。


Sophia(顔)

<Sophia>

A dozen people ran by me and did nothing. You're hero.
たくさんの人たちが何もせずに私の側を通りすぎて行ったわ。
あなたは私の勇者よ。


Derric(顔)

<Derric>

Just in the right place at the right time, I suppose.
ちょうどたまたま幸運が重なっただけだと思うよ。


+- Ivy
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Ivy(引き)-5-3-0

Ivy-5-3-01

<Ivy>

And now I hear those reapers are taking people's soul? This is madness!
今、聞いたのだけど、
死神たちが人々の魂を刈り取っているですって?
これは狂気の沙汰よ!


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

Ivy(引き)-5-3

Ivy-5-3-02

<Ivy>

Please do not kill Urzael too quickly. Make him suffer for what he was done.
アーザエルに簡単にとどめを刺さないで。
息の根が止まるまで、できる限り苦しめてやって。


+- Lord Vermilion
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Lord-Vermilion(引き)

Lord-Vermilion-5-3-03

<Lord Vermilion>

We're not going to die, are we? Tell me we're not going to die! I don't want to lose my soul!
我々が死んでしまうなんてありえないよな?
死ぬなんてありえないと言ってくれよ!
魂を失っちまうなんて嫌だ!


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

Lord-Vermilion(引き)

Lord-Vermilion-5-3-04

<Lord Vermilion>

Quite unlike me to fall apart like that. I can't imagine what came over me. Let's keep this between ourselves, eh?
全くとんだことになっちまったよ。
自分に何が起こっているのか想像もできないんだ。
ここだけの話にしておいてくれよ、なあ?


[クエスト:THE TRUE SON OF THE WOLFを完了後に発言]

Lord-Vermilion(引き)

Lord-Vermilion-01

<Lord Vermilion>

Is it true that King Justinian IV is dead? That would mean I'm seventh - no, sixth in line for the throne!
ユスティニアヌスIV世が
死んでいるというのは本当なのか?
それならば私は王座の第七、
いや第六後継者になったということだ。

※この会話を一度発生させた後はACT5-2の最初から発言




+- Guard Trent
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Guard-Trent(引き)

Guard-Trent-5-3-01

<Guard Trent>

We need to get out of here - hide in the bog, anywhere, as long as it's away from the cities!
我々はここから逃げる必要がある。
この街から離れることさえできれば、どこでも良い。
沼地の中でも良いから隠れるんだ!


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

Guard-Trent(引き)

Guard-Trent-5-3-02

<Guard Trent>

This is the end of the world, isn't it? There's no escaping Death.
これは世界の終り、そうなんだろう?
死から逃れることはできないんだ。


+- Brother Francis
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Brother-Francis-(引き)-5-3

Brother-Francis-5-3-01

<Brother Francis>

Those who perished without embracing Malthael are eternally damned.
マルサエル様を称えることなく死んだ者は、
永遠に呪われることになる。

Brother-Francis-5-3-02

<Brother Francis>

But I can commune with our lord, asking him to grant them a reprieve. Only a simple payment is required.
しかし、私は支配者マルサエル様と語り合うことができる。
そして、彼に猶予を与えてくださるようにお願いしようと思う。
ただ少しばかりのお心付けを支払うだけで良いのだ。


Brother-Francis-5-3-03

<Janett>

Bless my poor husband, please!
どうか私の哀れな夫に祝福をお与えください!


Brother-Francis-5-3-04

<Rickard>

You must save my children!
私の子供たちをお助けください!


Brother-Francis-5-3-05

<Brother Francis>

Please, my friends, one at time, Bring your offerings to the stand, and I will grant your loved ones this blessing.
さあ、私の友人たちよ。お心付けを持って一人ずつ並ぶのだ。
そうすればあなた方の大切な人たちに祝福が与えられるだろう。


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

Brother-Francis-(引き)-5-3

Brother-Francis-5-3-06

<Brother Francis>

All that I have said has come to pass! Thank you your donations - your tribute to our lord - we have been granted a reprise.
私の話したことは全て現実となった!
我々の支配者に対する敬意としての寄付に感謝する。
我々には猶予が与えられた。

Brother-Francis-5-3-07

<Brother Francis>

It is a sign from Malthael: an acknowledgement of our repentance. But we must give him an unmistakable sign that we have changed.
その猶予は、我々の懺悔への承認として
マルサエル様から与えられた証である。
しかし、さらに我々はマルサエル様に忠誠を誓ったという
明白なしるしを示さなくてはならないのだ。

Brother-Francis-5-3-08

<Brother Francis>

Give! Give all that you have to ensure your salvation!
捧げなさい!あなた方への救いを確実なものとするために、
あなた方が持っている全てを捧げるのだ!


+- Marlow and Hadley
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Marlow-and-Hadley(引き)

Marlow-and-Hadley-5-3-01

<Hadley>

I heard Tyrael is an angel. Why isn't he helping Malthael?
ティラエルが天使だって聞いたんだ。 なぜ彼はマルサエルの手助けをしないんだろうな?


Marlow-and-Hadley-5-3-02

<Marlow>

Who said he isn't?
彼がマルサエルの手先じゃないと誰が言ったんだ?


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

Marlow-and-Hadley(引き)

Marlow-and-Hadley-5-3-03

<Marlow>

We have to do something. Tyrael's probably leading those bastards right to us.
俺たちも何かをしなくてはならない。
恐らくティラエルはをろくでもない奴らを
正しい方向へと導いているのだろう。


Marlow-and-Hadley-5-3-04

<Hadley>

Just because Tyrael's an angel doesn't mean he 's evil. Right?
ティラエルが天使だという事実は、
彼が悪者ではないという理由にはならないぞ。わかるか?


+- Oswen
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Oswen(引き)-5-3

Oswen-5-3-01

<Oswen>

Why fight so hard? Thousands are dead. What do another dozen matter?
なぜそんなに必死に戦おうとするんだ?
数千人もの人たちが死んだんだ。
これ以上何をすれば良いって言うんだ?


+- Hugh and Barnabas
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[町に火の手が上がってから発言]

Hugh-and-Barnabas(引き)-5-3

Hugh-and-Barnabas-5-3-01

<Hugh>

Don't worry, the military will rescue us soon. Our navy is undefeated!
心配するな。すぐに軍隊が我々を助けだしてくれる。
我々の海軍は無敗だ!


Hugh-and-Barnabas-5-3-02

<Barnabas>

The military was decimated, and the navy is underwater. Where have you been?
軍隊の多くは殺されてしまった。
そして海軍は水の底だ。
君は今まで一体どこにいたんだ?


[ウェストマーチの高台を訪れた後に発言]

Hugh-and-Barnabas(引き)-5-3

Hugh-and-Barnabas-5-3-03

<Hugh>

Westmarch won't fall so easily. The king must be preparing for a counterattack.
ウェストマーチが簡単に陥落するはずがない。
王が反撃の準備をしているに違いないさ。


Hugh-and-Barnabas-5-3-04

<Barnabas>

Keep that nonsense to yourself. I've had my fill of false hope.
いつまで馬鹿なことを言ってるんだ。
空しい期待を抱くなんてもうたくさんだ。


+- Diadra the Scholar
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[クエスト:THE TRUE SON OF THE WOLFを完了後に発言]

Diadra-the-Scholar(引き)-5-3

Diadra-the-Scholar-5-3-01

<Diadra the Scholar>

With Justinian dead, I fear another contest for the throne.
ユスティニアヌス王の死によって、跡目争いが起こるのが怖いわ。

Diadra-the-Scholar-5-3-02

<Diadra the Scholar>

If we don't learn from history, we are doomed to repeat it, and nobody wants to read the same story twice.
歴史から学ぶことができないなら、
我々はまた同じことを繰り返す運命にあるわ。
そんな同じような物語は誰も読みたいくないと思うの。

※この会話を一度発生させた後はACT5-2の最初から発言




>>> [ACT5-3-2] THE HARBINGER(先駆者)へ >>>
<<< [ACT5-2-3] SOUL OF THE DEAD(死の魂)へ <<<