[Journal] World(手記:世界)


+- The History of Westmarch Part 1〜7(ウェストマーチの歴史)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 1]


Westmarch originally grew from the efforts of the great general Rakkis to spread his religion beyond the realms of the east. Seized by the superstitions of the Zakarum faith, he drove his paladins relentlessly across the barbaric western lands, subduing the uncivilized tribes he found there. Ultimately, he became king of them all.

Abd al-Hazir

ウェストマーチは元々東の領域を超えて、
ラキス将軍の信仰するザカラム教を広めるために、
将軍自らの努力によって発展した。
ザカラム信仰の迷信にとらわれた彼は、
西部の全域で容赦なくパラディンを疾駆させ、
そこで見つけた野蛮な種族たちを鎮圧した。
最後に、ラキスはそれら全ての王となった。

アブドル・アル・ハジル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 2]


Despite his superstitious views, Rakkis ruled as a just and fair king who was much loved by his people. He was succeeded by his son Korsikk who attempted to eradicate the barbarian tribes of the north. The line of Rakkis was broken when Korsikk's son, Korelan, died with no heirs.

Abd al-Hazir

ザカラム信仰の迷信にとらわれていたにも関わらず、
ラキスは民衆に愛された公明正大な王として統治を行った。
そして北のバーバリアンの種族を
根絶しようとした息子のコルシキが彼の後に続いた。
その後、コルシキの子のコレランが
後継ぎを残さずに亡くなった時、
ラキスの血筋は途絶えてしまった。

アブドル・アル・ハジル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 3]


After Korelan's death, the crown passed to Justinian I through a somewhat convoluted interpretation of Zakarum scripture. Thus began the Justinian dynasty. Seen as usurpers by many, the Justinians suffered nearly constant challenges to their rule. Finally, during the reign of Justinian III, a full-fledged insurrection broke out in the outlying region of Cartolus.

Abd al-Hazir

コレランの死後、ザカラム経典のやや複雑な解釈を通して、
王位はユスティニアヌス一世へと引き継がれた。
このようにして始まったユスティニアヌス王朝は、
多くの人々から王位簒奪者だとみなされ、
その統治に絶えず続く課題を背負った。
最終的には王位継承に対する不満が蓄積し、
カルトラスの多くの地域で反乱が勃発することになった。

アブドル・アル・ハジル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 4]


The Cartolus insurrection was led by a woman known only as Tyrra, who claimed to be descended from the Sons of Rakkis. This uprising was immediately seen as a war of the common man against the nobles and their Zakarum strictures. During the very height of the conflict, Tyrra seized control of Westmarch and proclaimed herself empress.

Abd al-Hazir

カルトラスの反乱は、
ティラという名だけが知られている女性によって先導された。
そしてその女性はラキスの子孫であると主張した。
この反乱はただちに、貴族支配とそれを支える
ザカラム信仰に対する庶民の反抗であるとみなされた。
紛争の真っただ中、ティラはウェストマーチを制圧し、
自分自身が女王であると宣言した。

アブドル・アル・ハジル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 5]


Tyrra's newly established rule over Westmarch did nothing to quell the civil war, which continued until she was driven mad and eventually killed by the plague. Cornelius, grandson of Justinian III and slave to the Zakarum faith, used this opening to crush the rebels once and for all and become the new king.

Abd al-Hazir

ティラによる新しいウェストマーチの統治は、
各地で起こる内乱を鎮めることはできなかった。
彼女は苛立ったが、最終的には彼女が疫病で亡くなるまで、
何も変わることなく続いた。
ユスティニアヌス三世の孫で、ザカラム信仰の虜である
コーネリウスが、この機会を利用し、
自分が新しい王となるべく全ての反政府勢力を鎮圧した。

アブドル・アル・ハジル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 6]


The Zakarum Church always held an unhealthy sway in Westmarch, even after the ascension of rulers more interested in power than religion. When the true nature of the faith was finally exposed, however, it completely eroded any influence the church had over civil affairs. And rightly so, I might add.

Abd al-Hazir

宗教よりも権力に興味のある統治者が即位した後でさえ、
ザカラム教会は常に不健全な支配をもたらした。
最終的に、信仰についての真相が暴露されたとき、
ザカラム教会は民衆の支配に対して持っていた
全ての影響力を完全に失うだろう。
本当にそうなると、私は付け加えても良い。

アブドル・アル・ハジル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

[Part 7]


Westmarch is currently ruled by Justinian IV. Originally thought to be a callow youth, Justinian came into his own in the years following his ascension to the throne. Rumors still abound about demonic activity surrounding his coronation, but I believe those are simply the product of overactive imaginations fueled by the ever-prevalent myths of the Zakarurn.

Abd al-Hazir

ウェストマーチは現在、
ユスティニアヌス四世によって統治されている。
元々未熟な若者であると思われていたユスティニアヌス王は、
王位に就いた翌年には、本領を発揮して認められた。
彼の戴冠式を取り巻く悪魔の活動についての噂が未だに溢れている。
だが私は、この噂はザカラム教のありふれた神話を発端とした
過剰な想像力の産物であると思っている。

アブドル・アル・ハジル



+- The Plague Tunnels(疫病のトンネル)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Abd-al-Hazir(顔)

The Repository of Bones, commonly called the Plague Tunnels, were originally used to bury Westmarch's indigent. However, when the Great Pestilence struck, the city decided the tunnels would serve just as well for plague victims, lest Westmarch become overwhelmed by the ever-increasing piles of the dead.

Abd al-Hazir

一般的に疫病のトンネルと呼ばれているこの納骨堂は、
かつてウェストマーチの貧者を埋葬するのに使われていた。
しかし、重大な疫病が猛威を振るった時、
絶えず増え続ける大量の死体に、
ウェストマーチが埋め尽くされるのを避ける必要があった。
その際、このトンネルが疫病の犠牲者の埋葬に
同じように利用できるであろうと都市が決定を下した。

アブドル・アル・ハジル



+- Deserter's Journal Part 1〜5(逃亡者の手記)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Gozek(顔)

[Part 1]


We are fighting a battle that was lost before it had even begun. To follow the Black King into a war against Westmarch was folly of the highest order. Each day only brings us closer to complete and utter defeat, but our commanders refuse to surrender.

Tristram Soldier

我々は始まる前から既に負けた戦いを行っている。
黒き王レオリックに従って、ウェストマーチとの戦争に
突入することは、愚かな最重要命令だった。
毎日は我々に終わりと完全な敗北を連れてくるだけだ。
それなのに、我々の指揮官は降伏を拒否している。

トリストラム兵


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Gozek(顔)

[Part 2]


It is decided. We will flee this doomed war. I had hoped to find solace in this decision, but it brings only more uncertainty. We will never see our homes again, and our names will be dishonored. But what choice do we have? Certain death in the service of a madman?

Tristram Soldier

決めたぞ。この負けると運命づけられた戦争から逃れよう。
私はこの決心から安らぎを見出そうとした。
しかし、より多くの不安ばかりがもたらされる。
私はもう二度と家族と会うことはないだろう。
そして私の名は一族に汚名を着せるだろう。
だが、我々にどんな選択があったというのだ?
狂人に仕えることで確実な死を選べというのか?

トリストラム兵


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Gozek(顔)

[Part 3]


We found what was left of Raston yesterday. The wretched creatures of the bog seized us without warning. We are being punished by the gods. I would laugh if I had the energy. We fled the war to save ourselves, but it seems death already knew our names.

Tristram Soldier

昨日、ラストンの残骸を発見した。
沼地の惨めな生き物たちは警告なしに我々を襲った。
我々は神々の罰を受けている。
もし私に気力があったなら、笑いだすだろう。
我々は生き残るためにこの戦争から逃れた。
しかし、死は既に我々の名前を知っていたようだ。

トリストラム兵


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Gozek(顔)

[Part 4]


This cave has killed even more of us than the bog we thought to escape. We must leave at once. But to where? The only choice left to us is: where to die?

Tristram Soldier

この洞窟は我々が逃げ出そうと考えた沼地よりも、
さらに多くの仲間たちに死をもたらした。
急ぎここを立ち去らなけらばならない。
しかし、一体どこへいけというのだ?
我々に残された唯一の選択肢は、
どこで死ぬのか? ただそれだけだ。

トリストラム兵


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Gozek(顔)

[Part 5]


We are men without a country, shamed and cursed for fleeing an unjust war. We should have stayed and died with our honor intact. Instead, we are slaughtered like pigs by beasts that feed on our remains. Death on the battlefield would have been far better than the fate we have chosen.

Tristram Soldier

我々は不当な戦争から逃亡したために、不名誉で
ののしられるべき存在となった祖国のない兵士たちだ。
名誉を守るために、留まって死ぬべきだったのかもしれない。
その代わりに、我々を貪り食う獣たちに
豚のように惨めに虐殺されている。
戦場での死は、我々が選んだ死よりも、
遥かにましなものであっただろう。

トリストラム兵



+- The History of Pandemonium Part 1〜4(パンデモニウムの歴史)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ltherael(顔)

[Part 1]


Pandemonium is the alpha and the omega of the Eternal Conflict. It lies at the center of all things, linking the realms of Heaven and Hell. Long ago, when the angels were young, the Aspect of Wisdom found the Eye of Anu here. He named it the Worldstone, and all of Heaven swore to protect it.

Archarigel ltherael

パンデモニウムは天界と地獄の戦争の最重要拠点であった。
それは天界と地獄の領域を結ぶ、全ての物事の中心に位置している。
遥か昔、まだ天使たちが若かった頃、
賢明の大天使がここでアヌの目を見つけた。
彼はその目にワールドストーンと名付け、
天界の全ての者たちがそれを守ると誓ったのだ。

大天使イシラエル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ltherael(顔)

[Part 2]


Pandemonium was destined to be our battlefield. It was formed in the chaos of the last struggle between the diamond warrior Anu and the Dragon, Tathamet. Now, eons of war have scarred every patch of ground. The cycle of victory and defeat is the foundation of our existence, and the essence of the Eternal Conflict.

Archarigel ltherael

パンデモニウムは我々の戦場となることが運命付けられていたのだ。
それはダイヤモンドの戦士アヌとドラゴンのタサメットの、
最後の闘争の混乱の中で形成された。
長い戦争の月日は大地にたくさんの傷痕を残している。
勝利と敗北の繰り返しは、我々の存在の基盤となり、
天界と地獄の戦争の本質となっている。

大天使イシラエル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ltherael(顔)

[Part 3]


As war raged through Pandemonium, the Aspect of Justice called for a fortress to be raised around the Worldstone. We built a shining citadel, but in time, it fell to the demons. It has since changed hands countless times, becoming a patchwork of angelic and demonic expression.

Archarigel ltherael

戦いはパンデモニウム中で巻き起こっていた。
正義の大天使はワールドストーンを守るため、
その周囲に要塞が必要であると考えた。
我々は光り輝く要塞を建てたが、時にそれは悪魔の手に落ちた。
それ以来、要塞の所有者は何度も変わることになり、
その様は天使と悪魔の表現が混ざり合ったものになっている。

大天使イシラエル


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ltherael(顔)

[Part 4]


The Pandemonium Fortress housed the Worldstone for many years... until the angel Inarius and the demon Lilith stole it away. With its loss, there was nothing left to fight for, and the fortress has been abandoned since. Our time in this land has drawn to an end - for now.

Archarigel ltherael

パンデモニウム要塞には長きに渡って
ワールドストーンが安置されていたのだ...
天使イナリウスと悪魔リリスはそれを奪い去ってしまった。
その損失により、戦いを続ける意味は無くなった。
それ以来、要塞は放棄され続けている。
我々がこの地に費やす時間は終わろうとしている。
今のところは。

大天使イシラエル



+- The Discovery of Sanctuary Part 1〜3(サンクチュアリの発見)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Mephisto(顔)

[Part 1]


Cursed am I to lead an army of the blind. They do not perceive that the angels are fleeing this realm, and the ones they find are merely trapped or lost. A great change is upon us. Withdraw from the fields, my brothers. Some battles can only be won with words.

Mephisto

現状を把握できない奴らを軍隊として率いるのは骨が折れる。
奴らには天使がこの領域を放棄し始めていることが分かっていない。
天使どもの行動の真意は、くだらん罠なのか、本当に敗走しているのか。
我々には大きな転機が訪れている。
我が弟たちよ。この戦場から引き上げるのだ。
この戦いは勝ったも同然だ。

メフィスト


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Baal(顔)

[Part 2]


Enough of your idle speculation, Mephisto. I breached the fortress and saw it firsthand. The Worldstone is gone. The angels I killed knew nothing about it. But, since you are so perceptive, maybe you remember who else has been missing? Lilith. We must find her. Rip her limb from limb. Take the Worldstone back.

Baal

根拠のない憶測はもう十分だ、メフィストよ。
俺は要塞を突破し、自分の目で確かめた。
ワールドストーンはなくなっていた。
俺が殺した天使どもはそのことについて何も知らなかった。
ところでお前がそんなことを言いだす前から、
姿を消した奴がいるのを覚えているか?
リリスだ。何としても奴を見つけ出さねばならん。
奴を八つ裂きにして、ワールドストーンを取り戻すぞ。

バール


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Diablo(顔)

[Part 3]


You are all deceived, my brothers. The new age has already begun. Can you not sense them? Ugly creatures, born in shadow. They feel terror, hatred, and the desire to destroy, yes. But they are not ours yet. They will open their world to us very soon... an invitation we cannot refuse.

Diablo

我が兄弟たちよ。お前たちは勘違いをしている。
新しい時代はすでに始まっている。
お前たちはそれを感じないのか?
影の中から産まれた醜悪な生き物たち。
...そうだ、感じるぞ、奴らは恐怖、憎悪、破壊を望んでいる。
だが、奴らはまだ我々の手の中にはない。
間もなく奴らは我々に新しい世界を見せてくれる。
それは我々には拒むことのできない魅力的な招待となろう。

ディアブロ



+- Nephalem Rifts(ネファレムの裂け目)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Orek(顔)

Long ago, I would open rifts for the nephalem to help them train for battle. They fought bravely, facing down enemies in places pulled from the deepest corners of their memories. Ours is a race of great power, but we are nothing unless we temper it with skill. If you are to achieve your birthright, then conquer the rifts, and take your rightful place among us.

Orek

ずっと前、私はネファレムの戦闘訓練を
支援するために裂け目を開こうと試みた。
彼らは勇敢に戦い、彼らの記憶の最も深い部分から
引き出された場所で敵を圧倒した。
我々は偉大なる力をもった種族だ。
しかしその力を技と共に鍛え抜かない限り、
その力を発揮することはできない。
もし持って生まれた能力を覚醒させるのならば、
まずこの裂け目を制覇するのだ。
そして、私たちの同士であることを示せ。

オレク



>>> [Journal] Ouest(手記:クエスト)へ >>>