[ACT5-8-1] ANGEL OF DEATH(死の天使)

[THE SURVIVORS' ENCLAVE](生存者たちの避難場所)


ACT5-7-01
>>> タウンポータルを抜けてPANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1へ進む

[人々との会話]

+- General Torion
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

General-Torion(引き)-5-7
>>> ACT5-3以前と同じ内容を話す


+- Lorath Nahr
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話した後に発言]

〜Pandemonium(パンデモニウム)〜


Lorath-Nahr(引き)-5-7

Lorath-Nahr(顔)

<Lorath Nahr>

I know of use here in Westmarch, helping the people recover and keeping order.
このウェストマーチで私がやることはわかっています。
人々の復興を手助けし、秩序を維持すること。

Each must serve in his own way. But I would love to come help with the fight in Pandemonium, if needed.
各自が自分の務めを果たさなければなりません。
しかし必要があれば、私はパンデモニウムでの
戦いを助けに行きたいです。


+- Haedrig Eamon
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜Reforged(再鍛錬)〜


Haedrig-Eamon-amd-Brycen(引き).jpg

Haedrig-Eamon(顔).jpg

<Haedrig>

This is the wrong hammer, lad! I need the big one.
若造、このハンマーじゃない!
大きなハンマーが必要なんだ。


Brycen(顔).jpg

<Brycen>

Right. Sorry.
わかりました。申し訳ありません。


Monk(顔)

<Monk>

I was only going to offer Brycen a word of encouragement.
私はブライセンに励ましの言葉を
かけようと思っただけだ。


Haedrig-Eamon(顔).jpg

<Haedrig>

You're going to distract my apprentice when he has all this work on his hands? Not on my watch. Now lad, where's that hammer?
俺の弟子は今、仕事中なんだが、
気をそらすようなことをするつもりかい?
俺が見ていないとでも思ったか。
おい若造、ハンマーはどこだ?


+- Covetous Shen
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Covetous-Shen(引き).jpg
>>> ACT5-6以前と同じ内容を話す


+- Myriam
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Myriam(引き)-5-3
>>> ACT5-6以前と同じ内容を話す


+- Brycen
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Brycen(引き).jpg
>>> ACT5-2と同じ内容を話す


+- Elayne
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Elayne-Ferered-Nobel(引き).jpg
>>> ACT5-5と同じ内容を話す


+- Emily
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Emily(引き).jpg
>>> ACT5-5と同じ内容を話す


+- Derric
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話すまで発言]

Sophia-and-Derric(引き)-5-4
>>> ACT5-6と同じ内容を話す


+- Captain Vonn
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話した後に発言]

〜Deserter(脱走兵)〜


Sophia-and-Derric-and-Captain-Vonn(引き)

Sergeant-Samuels(顔)

<Captain Vonn>

Finally found you, Lieutenant Derric. Will you come quickly, or are you going to run again?
やっと見つけたぞ、デリック中尉。
急いで来てもらおうか。
それともお前はまた逃げるつもりか?


Derric(顔)

<Derric>

I'll go with you. I'm no coward.
ご一緒に伺いましょう。
私は臆病者ではありません。


Sergeant-Samuels(顔)

<Captain Vonn>

That's not how I see it.
私にはお前は臆病者に見えるがな。


Sophia(顔)

<Sophia>

Leave him be! He is a good man, and he saved my life.
彼を見逃してあげてください!
彼はとても素晴らしい人です、
私の命を救ってくれたのです。


Sergeant-Samuels(顔)

<Captain Vonn>

He let good men die. He's a deserter and a criminal. And he'll be dead in the morning.
こいつは優秀な部下たちを見殺しにした。
脱走兵であり、犯罪者だ。
だからこいつは朝には死んでいるだろう。


Derric(顔)

<Derric>

I'm at peace. Perhaps the one good thing I did by saving your life can make up for the bad I've done.
私は安心しているよ。
私が君の命を救うという一つの善行で、
私が行った悪行を償うことができるんだ。


Sophia(顔)

<Sophia>

You are a good man. Remember that.
忘れないで、あなたは素晴らしい人よ。


+- Sergeant Samuels
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話した後に発言]

〜Blessing or Curse(祝福か呪いか)〜


Sergeant-Samuels(引き)

Sergeant-Samuels(顔)

<Sergeant Samuels>

My vision cloud everything. I can find no escape. I plan to leave Westmarch, to be alone, far away from the constancy of death.
私の予見はあらゆるものに暗い影を落とす。
私にはこれを避ける方法が見出せない。
不変の死から遠く離れ、一人になるために、
ウェストマーチを後にしようと考えている。

Some people would call it a curse, and something, it feels that way. But perhaps it's not. I need time to know for sure.
一部の人たちは私の予見を呪術の類だと
考えているし、確かにそう感じられる。
だが、恐らくそのようなものではない。
私にはこの予見の真実を知る時間が必要だ。


+- Ivy
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話すまで発言]

Ivy(引き)-5-4
>>> ACT5-6と同じ内容を話す


+- Clara
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜A Message(伝言)〜


Clara(引き)

Clara(顔)

<Clara>

If you see my children, please tell them to stop playing games and come home.
もし私の子供たちに会ったら、
遊ぶのを止めて、帰ってくるように言って欲しいの。
夕食の準備はほとんどできているわ。


Monk(顔)

<Monk>

I will.
伝えておこう。


+- Andre and Briella
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話すまで発言]

Andre-and-Briella(引き)-5-6-02

Andre-and-Briella-5-8-01

<Briella>

Well, your wish came true. You don't have to be a butler anymore.
そうそう、あなたの願いが叶ったわね。
あなたはもう執事である必要はないわ。


Andre-and-Briella-5-8-02

<Andre>

These weren't the circumstances I had in mind. But what about you? Will you still cook?
これは私が考えていたような境遇ではなかったよ。
でも君はどうなんだい?
まだ料理人を続けるつもりかい?


Andre-and-Briella-5-8-03

<Briella>

Oh, I've always enjoyed cooking. And these people are hungry, too. Especially that strange old man with all the jewels.
あら、私はいつも料理を楽しんできたわよ。
それにここにいる人たちはとてもお腹を空かせているわ。
特にあの宝石だらけの不思議な老人はね。


Andre-and-Briella-5-8-04

<Andre>

Kindly save some for the rest of us, please, dear heart?
俺たちの将来のために
いくつか取っておいてくれるよな?
頼むよ、俺の大切な人。


Andre-and-Briella-5-8-05

<Briella>

If you behave.
お行儀良くしてるならね。


+- Ivy and Andre and Briella
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1でアニシム長老と話した後に発言]

Ivy-and-Andre-and-Briella(引き)-5-8

Ivy-and-Andre-and-Briella-5-8-01

<Ivy>

Pardon me, I heard you came from Bramwell?
すみません。
あなたたちはブラムウェルから来たと聞いたわ。

Ivy-and-Andre-and-Briella-5-8-02

<Ivy>

My son was headed there. His ship docked today. Was there any word?
私の息子はブラムウェルに船で向かったの。
今日息子の船が着いているはずだわ。
何か知っていることはないかしら?


Ivy-and-Andre-and-Briella-5-8-03

<Andre>

I don't quite know how to say this, but all of the ships were destroyed.
俺には何て言えば良いのかわからない。
でも、全ての船が破壊されていたよ。


Ivy-and-Andre-and-Briella-5-8-04

<Ivy>

No...
何てことなの...


Ivy-and-Andre-and-Briella-5-8-05

<Briella>

I am sorry.
お気の毒に。


+-Captain Haile and Kyla and Small Boy
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Captain-Haile-and-Kyla-and-Small-Boy(引き)

Captain-Haile-and-Kyla-and-Small-Boy-5-8-01

<Kyla>

Papa!
パパ!


Captain-Haile-and-Kyla-and-Small-Boy-5-8-02

<Captain Haile>

It's good to see you again, Kyla.
また会えて良かったよ、カイラ。


Captain-Haile-and-Kyla-and-Small-Boy-5-8-03

<Small Boy>

Are all the reapers gone now?
死神たちはもうみんないなくなったの?


Captain-Haile-and-Kyla-and-Small-Boy-5-8-04

<Kyla>

The ones in Westmarch are. Our friend will take care of the rest soon enough.
ウェストマーチにいた奴らはいなくなったよ。
すぐに我々の友達がすっかり残りを片づけてくれるさ。


+- Diadra the Scholar
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[会話-1]

Diadra-the-Scholar(引き)-5-5

Diadra-the-Scholar-5-8-01

<Diadra the Scholar>

I've never learned precisely why Rakkis chose to found his kingdom here. He must have had an important reason, right?
ラキスがこの地で王国を起こそうとした理由を
私は一度も詳しく学んだことがなかったわ。
彼には大切な理由があったに違いない。そうよね?


[会話-2]

Diadra-the-Scholar(引き)-5-5

Diadra-the-Scholar-5-8-02

<Diadra the Scholar>

I'm not complaining, but your roguish friend over there seems to think he can win my favor.
不満を言っているわけではないの。
でもあそこにいるゴロツキのようなあなたの友人は、
私が好きになってくれると思っているみたいなの。


Monk(顔)

<Monk>

Lyndon? Ignore him.
リンドンが?気にしないでくれ。


Diadra-the-Scholar-5-8-03

<Diadra the Scholar>

Please tell the order gentleman you travel with, the armored one, that he's much more to my tastes.
あなたが一緒に旅をしている聖職者の紳士、
鎧に身を包んだお方に伝えておいてくれないかしら。
とっても私の好みだってね。


[会話-3]

Diadra-the-Scholar(引き)-5-5

Diadra-the-Scholar-5-8-04

<Diadra the Scholar>

I've heard that you're journeying to a faraway land now. You won't forget to tell me about any discoveries you make there, will you?
あなたが今、遠くの国を旅していると聞いているわ。
そこで得たどんな発見についてでも、
私に話すことを忘れないで、良いわね?



[PANDEMONIUM FORTRESS LEVEL1](パンデモニウム要塞 レベル1)


PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-01
>>> 先へ進むとティラエルを発見
PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-02

<Tyrael>

Pandemonium Fortress...
パンデモニウム要塞か...


PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-03
>>> ティラエルに話しかける

〜Angel of Death(死の天使)〜


Tyrael(引き)-5-8-01

Tyrael(顔)

<Tyrael>

When I fought Malthael, my sword passed through him like air. He is in a state of death and life, impervious to physical harm.
私がマルサエルと戦った時、
私の剣は空気のように奴を通り抜けた。
奴は物理的な攻撃に傷つくことのない
生と死のはざまに存在している。

Your strength is not enough. To defeat him, you must channel the power of death as he does.
君の力は不足している。
奴を倒すためには、奴と同じように
君も死の力を使いこなす必要がある。


Monk(顔)

<Monk>

What about the spirits gathered below?
奴の元に集められた魂の力のことか?


Tyrael(顔)

<Tyrael>

The power od dead... If you could become one with it, you would be as Malthael is, and you could face him.
死者の力...もし君が奴と同じように
死と共に存在することができたなら、
奴と対等に戦えるはずだ。

But you must find a way quickly. Every moment, thousands die, and Malthael's power grows beyond anything I have ever seen.
君は早くその方法を見つけなければならない。
刻一刻と何千人もの人が死に、
マルサエルの力は未だかつて
見たこともないほど強大に成長している。


〜The Pandemonium Fortress(パンデモニウム要塞)〜


Tyrael(引き)-5-8-02

Tyrael(顔)

<Tyrael>

The fortress feels strange and new to me, though I have come here times beyond count, as its champion and as its liberator.
私はある時は守る者、ある時は解放する者として
数え切れないほどここを訪れているが、
今の要塞は未知で新しく感じる。

It changes to match the nature of whoever controls it. But I have never seen it like this while under the control of an angel.
要塞は支配する者の性質に合わせて変化を遂げる。
だが、天使の管理下で、このような状態の要塞を
私は今までに一度も見たことがない。


Monk(顔)

<Monk>

This fortress is a reflection of what Malthael has become.
要塞は今のマルサエルの状態を反映している。
>>> 会話終了後に先へ進む
PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-04
>>> 階段を下りた先にアニシム長老の霊魂が現れて話しかけてくる
Patriarch-Anisim(引き)01

Patriarch-Anisim(顔)

<Patriarch Anisim>

My daughter! Gods be praised, a monk of Ivgorod come in this time of imbalance.
我が愛弟子よ! イヴゴロドのモンクが
この不均衡の時に来たることを神に感謝します。


Monk(顔)

<Monk>

Patriarch? But I saw you alive only months ago.
長老? しかし私はわずか数ケ月前に
御存命なあなたを拝見しています。
>>> アニシム長老の霊魂は姿を消す
PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-05
>>> さらに先に進むとアニシム長老の霊魂が現れて会話が進む
PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-06


〜Angel of Death(死の天使)〜


Patriarch-Anisim(引き)02

Monk(顔)

<Monk>

Patriarch Anisim! It is you.
やはり間違いない、アニシム長老ですね!

I seek your wisdom. Malthael is protected by the shroud of death, and I cannot harm him.
あなたの知恵をお貸しください。
マルサエルは死の覆いに守られていて、
私には奴を倒す手立てがありません。


Patriarch-Anisim(顔)

<Patriarch Anisim>

To strike at Death itself... You will need more than my power.
死それ自身を打ち倒すためには、
私の力以上のものが必要になるだろう。

Three other Patriarchs were slain by Malthael's reapers. Our spirits are imprisoned, unable to complete the cycle of rebirth.
他の三人の長老たちは
マルサエルの死神たちに殺された。
我々の魂は囚われていて、
輪廻の環を完全なものにすることはできぬ。

Set us free, and we will join our power to yours. Not even Death can stand apart from you then.
我らの魂を解放するのだ。
さすれば、我らの力をお前に与えることができる。
その時、死の覆いが、
お前の攻撃を妨げることは叶わぬであろう。


〜Death(死)〜


Patriarch-Anisim(引き)03

Patriarch-Anisim(顔)

<Patriarch Anisim>

No living soul may touch the god of death. But we are not alive, and what remains of our strength will help you strike him.
生きている魂が死神に触れることは叶わぬ。
だが我らは生きてはいない。
死者である我らの力が奴を打ち倒す助けになるだろう。

The other gods stand against him, but only you can strike the blow that will defeat him.
他の神々や偉人の魂も奴に抵抗している。
だがお前だけが、奴を打ち倒すことのできる
一撃を食らわすことができるだろう。


Monk(顔)

<Monk>

I will not fail you.
必ずや果たしてみせましょう。


〜Spirits(魂)〜


Patriarch-Anisim(引き)03

Patriarch-Anisim(顔)

<Patriarch Anisim>

There are many spirits gathered here by Malthael. Three of Patriarchs who were slain by his reapers are here also.
ここにはマルサエルによって
集められたたくさんの魂がある。
マルサエルの死神たちによって殺された
三人の長老たちもここにいるのだ。

We fight against Malthael's control, but without success.
我らはマルサエルの支配に抵抗している。
だが、成功には至っていない。


〜The Patriarch(長老)〜


Patriarch-Anisim(引き)03

Monk(顔)

<Monk>

Patriarch, you were alive when last I saw you.
長老、私が最後にお会いしたとき、
あなたは御存命でした。


Patriarch-Anisim(顔)

<Patriarch Anisim>

Malthael's reapers slew me and three of the other Patriarchs when they attacked Ivgorod.
マルサエルの死神たちがイヴゴロドを攻撃した時に、
私と他の三人の長老たちは奴らに殺されたのだ。


PANDEMONIUM-FORTRESS-LEVEL1-07
★会話終了後に先にある死のゲートに近づくと[Cut-4] MALTHAEL'S ENDGAME開始

>>> [Cut-4] MALTHAEL'S ENDGAME終了後に死のゲートを抜けて先に進む


>>> [Cut-4] MALTHAEL'S ENDGAME(マルサエルの最終局面)へ >>>
<<< [ACT5-7] BREACHING THE FORTRESS(要塞の突破)へ <<<